被災地交流支援活動

 平成23年度から行っている被災地交流支援活動を今年の8月に徳島野外センターでサバイエンスキャンプとして実施した。女川小学校の生徒たちと徳島の小・中学生を招き、ラフティングなどの様々なプログラムを行った。4日間子どもたちとふれあい交流を深めた。


地域活性化

 平成27年度から他校と連携し、徳島県の特産品である、藍を使っての商品を作り、その商品を売り出そうとしている。

 そこで、藍について理解しようと藍刈りから始め、実際に藍を染める作業も体験させていただいた。その後、藍についてのブレーンストーミングを行い、出された案を絞り、商品化に一歩近づいた。

沖縄水産高校との交流

 平成27年8月プレゼンテーションなども含め沖縄水産高校と交流会に参加した。

 ゆし豆腐作りを一から体験したり、沖縄について関心を深めた。プレゼンテーションなどの発表は沖縄の人たちにも好評で「またきて欲しい」という声もいただいた。


商品開発

 商品の開発はカンボジアとの共同開発商品である「マンゴーアイス」「ヤシ砂糖アイス」などの他にも様々な商品の開発に取り組んでいる。

 特に徳島県の名産である、みかん・鳴門の赤飯・そば米を使ったどら焼き「ういどら」「せきどら」「そばどら」は徳島スイーツグランプリで好成績を残す結果となった。